米肌 販売店舗

米肌の販売店舗は?市販で買えるの?

米肌販売店舗

コーセー米肌(マイハダ)とは、その効果の高さからあっという間に人気商品になったスキンケアシリーズです。

 

ここでは米肌の販売店舗について調べてみました。

 

通常、化粧品の販売店舗といえばドラッグストアや大手スーパーなどですよね。
しかし、実は米肌は市販されておらず、通販でしか手に入れられないのです。

 

家の近くで市販されていれば仕事帰りに買って帰れるのに・・・。との声もちらほらあがっているようですが、市販されていない理由として以下のものがあげられます。
@腐食しやすい成分「ライスパワーNo.11」を配合しているため、保管方法に気を使う必要がある
Aお客様にできるだけお求め安い価格で販売するため、販売ルートを通販一本にまとめている

 

ドラッグストア等に販売店舗を構えると、どうしても人件費などのコストがかかってしまいます。
そのため通販のみとなっていますが、家に居ても気軽に注文でき、品切れが起きにくいというのが利点です。

 

上記のことから市販はされていないことは分かりましたが、通販といってもいくつかのサイトで購入することができます。
どこで買うのが一番お得なのでしょうか。

 

初めて購入するなら、米肌の公式サイトが最もおすすめです。
一通りのアイテムが揃った14日間のトライアルセットを1.500円(税込み)で購入することができるので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

米肌の気になる口コミ!香りや使用感は?

 

自分が使っている化粧品の口コミって気になりますよね。
最近私が気に入って使っているのが「米肌」。
コーセーから発売されている潤い+アンチエイジングを重視したスキンケア商品で、洗顔の後にこれを使うとうるっ、もちっと肌が喜ぶのでハマっています。

 

私自身、米肌はとても肌に合うのでこれ以上のものに出会わない限りずっと使っていくつもりですが、ふと口コミはどんな感じなのか気になりました。
そこで大手口コミサイトのアットコスメで検索。すると口コミがずらっと出てくる出てくる・・・。
特に化粧水は口コミ件数1200超えと、使用者が多い商品であることが分かります。

 

中にはこんな気になる口コミがありました。

 

「シンプルで厳選された成分を配合しているため、低刺激で効果が高い。特に目の周りがふっくらしてきた」(40代・女性)
「ほんの少しアルコールのにおいがする。肌が弱っている時はピリッとすることもあるが、それ以外は良い商品」(40代・男性)
「とろみ系にありがりなベタベタを感じない。ただ、メイク前に塗ってすぐだとファンデーションがよれるので、少し時間を置く必要がある」(30代・女性)

 

においに関しては無香料がゆえにアルコールの香りが目立ってしまう、という感じでしょうか。
私は人工的な匂いがあまり好きではないので、好みの問題かもしれません。

 

潤いを重視した商品であるため、ファンデーションがヨレるという口コミはちらほら見ることができましたが、これも肌質によるみたいです。
まずは現品購入の前に米肌の公式サイトから「トライアルセット」を取り寄せると良いですよ。安価でたっぷり試せます!

 

 


肌のお悩みに効果大!今話題のライスパワー配合の米肌とは?

米肌

コーセーから発売されている「米肌(マイハダ)」ってご存知ですか?
米肌は、大手口コミサイトのアットコスメの毛穴口コミランキングや美容液・ジェル部門で第1位を受賞するなど、非常に評価の高いスキンケア商品です。
では、この米肌を使用することで主にどんな効果があるのでしょうか?

 

では、まず米肌の公式サイトを見てみましょう。
「ライスパワーNo.11」というお米を発酵させて抽出した成分を配合し、外から潤いを補給するだけでなく、潤いを創り出せるように肌質を変えていく効果がある商品だと書いてあります。
ライスパワーNo.11は、肌に水分を貯め込む成分だと厚生労働省に認められている成分で、肌の水分保持機能のカギ「セラミド」を生成する手助けをしてくれるのです。
セラミド配合の化粧水等は比較的出回っていますが、セラミドを作り出す方に着目した商品は珍しいと思います。

 

実際使用した方の口コミの大半が「続けて使用したところ、以前より肌が潤った」と絶賛。
化粧水は少々とろみのあるテクスチャーですので、しっかりハンドプレスをしてなじませると効果大です。

 

 

アットコスメの口コミを見てみると、「弾力が出てハリを感じた」「毛穴が引き締まった」との書き込みも数多くありました。
乾燥はお肌の大敵で、シミ・シワ・くすみなどの色々な原因になってしまいます。
肌を潤すことで、様々な悩み改善に効果があるいうことです。
気になった方はまずトライアルセットをお試しください。米肌の公式サイトから買うことができますよ。

 

 

米肌は安全に使える?配合されている成分や香りについて

 

中谷美紀さん、国生さゆりさんなどの有名芸能人が使用している話題のコスメ「米肌(マイハダ)」。
日本酒職人の手肌が綺麗なことに着目し、お米から抽出した成分「ライスパワーNo.11」を配合しているスキンケア商品です。

 

しかし、いくら良い商品でも敏感肌の方などは副作用が出てしまわないか心配ですよね。
ここでは米肌の安全性について調べてみました。

 

「敏感肌なのですが米肌を使っても大丈夫ですか?」とコーセーに質問をしてみたところ、米肌に入っているのは安全性が確認されている成分で、副作用の心配がなく、お肌に優しい成分でつくられているとの回答をいただきました。

 

米肌は安全性を重視し、香料や着色料は一切使用していないため、よくある人工的な香りは一切ついていません。
また、鉱物油・石油系や界面活性剤もフリーで、弱酸性です。
安全性をとことん重視してつくられていますね。

 

しかし、稀に肌に合わないケースもあるようで、心配な方はまずトライアルキットを試してみることをお勧めします。
化粧品はどうしても相性があり、「絶対に大丈夫」と言い切れないのが難点なのです。

 

特に日本酒に弱い方や、エタノールのにおいが嫌いな方は注意が必要です。
米肌は相性さえ合えばとても優秀なコスメですので、ピンときたらぜひお試しくださいね。

 

 

〜米肌の総合まとめサイトはこちらから〜
米肌のその他のアイテム情報はこのサイトで!
CCクリームなど米肌のラインナップを詳しく解説しています♪
また、トライアルセットもこちらのサイトからご購入頂けます。

 

詳細が気になる方は、下記のリンク先からご覧になって下さいね。
米肌|販売店舗(市販)で購入できる?【知って得する3つの秘密!】
http://nodirtyairact.com/

 

 


美肌作りに欠かせないビタミンC

誰にでも、一つや二つ肌の悩みはあるもので、人によってはいくつもの肌トラブルを抱えて悩んでいるという場合も少なくありません。
よくあるのが、シミ、しわ、たるみなどのエイジング的なものですね。

 

そして、ニキビやアトピーなどの肌荒れに悩む方も意外と多いようです。

 

 

そのトラブルの原因は様々なものが絡み合っていて、特定することはなかなか難しいかもしれません。
ただ、ビタミンCは、その全ての肌悩みを改善する効果が期待できるのです。

 

 

例えば一番有名なのはシミなどへの美白効果ですが、これはビタミンCがメラニン色素の生成を抑える働きがあることに由来しています。
サプリなどで服用するのもいいですし、ビタミンC配合化粧水で外から取り入れるのもおすすめです。

 

 

また、ビタミンCはコラーゲン生成のために必要なものであり、コラーゲンは言わずと知れた肌のハリや弾力を形成するのに必要な成分ですね。
ということは、たるみやしわにとっても良い効果が得られるということになります。

 

 

それからニキビに対してですが、これはビタミンCの持つ抗炎症作用、殺菌作用が役立ちます。
ニキビは雑菌が繁殖して炎症を起こしたものなので、雑菌を退治し、炎症を抑えるという作用が効果を発揮します。
また、アトピーはアレルギー作用を起こすヒスタミンが原因で発生するものですが、ビタミンCには抗ヒスタミン作用まであるのですね。
このように、肌に対して万能ともいえる美容効果を発揮するビタミンCですから、日常的に取り入れておいて損はないでしょう。

 

乾燥肌を作り出す3つの原因とは

 

角質細胞間脂質などの減少や皮脂分泌量の低下により、角質の水分量が低下している状態の肌を乾燥肌といいます。乾燥肌の表面は水分がなく潤いがないので、もろくなっています。これは、本来水分が蒸発しない仕組みを作り出しているバリア機能が壊れてしまっているためです。

 

では、バリア機能を壊している、つまり乾燥肌を作り出している原因は何なのでしょうか。原因としては、3つ考えられます。1つは皮脂量の低下。2つ目は天然保湿因子量の低下。3つ目は角質細胞間皮脂の減少です。

 

1つずつ見ていきましょう。まずは皮脂量の低下。皮脂量が低下すると、皮脂膜が作られにくくなるため、直接刺激が角質層に伝わりやすくなってしまいます。
皮脂量は男性ホルモンが少なくなればなるほど減っていくので、女性や子供は皮脂量が減少しやすくなっています。次に、天然保湿因子量の低下。

 

天然保湿因子とは、アミノ酸や尿素、クエン酸、乳酸などからなり、水分を抱え込む性質を持っているので、天然保湿因子が多いほど、乾燥肌にはなりづらいです。天然保湿因子は、加齢の影響もありますが、日焼けや睡眠不足、ストレスの影響で減少するので、日々の生活を見直すことで防ぎやすいものと思われます。そして、角質細胞間脂質の減少については、角質と角質の間に位置しているのが、角質細胞間脂質。

 

これが減少すると、隙間ができバリア機能が低下してしまいます。また、角質細胞間脂質はセラミドを含み、他の脂質と合体して水分を保つという役割もあるので、減少すると水分を維持することが難しくなります。
乾燥肌の3つの原因を理解し、自身の生活を見直し、正しいスキンケアをすることが、乾燥肌の予防となります。